シンポジウム・デバ 共催イベント

(共催)コロナ禍における医療・看護系学生の闘い―フランスにおける国家と教育

【報告者】荻野昌弘(関西学院大学)、大前敦巳(上越教育大学)、小田切祐詞(神奈川工科大学)、近藤理恵(岡山県立大学)、佐藤典子(千葉経済大学)、中村健太(関西学院大学大学院)、西田尚輝(東京大学大学院)、原岡蓉子(創価大学)、フランスの看護・医療学生
【司会】北垣徹(西南学院大学)、白鳥義彦(神戸大学)

“イベント詳細”

2023-03-18(土) 15:00 - 18:30
会場 日仏会館ホール・オンライン
定員 70 (ホール)、300 (オンライン)
参加費 無料
問い合わせ nichifutsusocio@gmail.com (日仏社会学会)
参加登録 お申込みフォーム
言語 日本語、フランス語(逐次通訳あり)
主催 日仏社会学会
共催 (公財)日仏会館、日仏教育学会

フランスでは、新型コロナウイルス禍という社会危機に際して、医療・看護系学生が、病院・医療施設等に治療の補佐的役割を担うため動員されました。このフランス政府の対応の意味を問うため、本研究では、実際に動員された看護・医療学生へのインタビュー調査を行いました。シンポジウムでは、実際に動員された学生たちは、どのような業務にあたったのか、また、学生たちは、そこで何を見、何を感じたのかについて、リアルな声を届けます。同時に、日本の看護・医療系学生調査との比較を通じて、フランス社会を理解するうえで、教育が決定的な意味を持っていることについても討議します。


※逐次通訳はフランス人学生による報告及び質疑応答時につきます。


※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、開催方法を変更する場合があります。最新情報は日仏社会学会ウェブサイトにてご確認ください。

 

 

【ご来場に際してのお願い】

次の方は来場をご遠慮ください
・37.5℃以上の発熱がある方
・新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者の方
・咳、呼吸困難、全身倦怠感、 咽頭痛、倦怠感等の症状のある方

 

【ご協力のお願い】
・日仏会館ホール用入口にて、手指の消毒、非接触での検温を確認した上、ご入館ください。
・館内ではマスクをご着用下さい
・咳エチケットにご協力ください。

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。