第38回(2021年度)渋沢・クローデル賞(フランス側)は、審査の結果、以下の方々に決定いたしました。
おめでとうございます。 

 

セザール・カステルビ
「日本の新聞記者と新聞社―変化する職業的モデルにおけるキャリアと仕事の社会学的分析」(博士論文)
César Castellvi
“Le journaliste et son entreprise au Japon : Étude sociologique du travail et des carrières dans un modèle professionnel en mutation”  (thèse)

 

  

エドゥアール・レリッソン
「神道の軌道と日本の満洲の成立―宗教的な空間化、帝国の拡大、近代神道の成立」(博士論文)
Edouard L’Hérisson
“Trajectoires shintō et construction de la Mandchourie japonaise : spatialisation religieuse, expansion de l’empire et structuration du shintō moderne” (thèse)

 

 

 

【主催】公益財団法人日仏会館、フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)日仏財団
【協力】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協賛】公益財団法人渋沢栄一記念財団、帝京大学、読売新聞社
【後援】在仏日本大使館