共催イベント 講演会・トーク

(共催)ドレフュス事件―真実と伝説―

アラン・パジェス(パリ第3大学名誉教授)

“イベント詳細”

2018-11-26(月) 18:00 - 20:00
会場
501会議室
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 渋谷区, 東京都 150-0013 Japan
501会議室
定員 40
参加費 無料
事前登録 不要
問い合わせ 小倉孝誠 (慶應義塾大学)Mail: ogura@flet.keio.ac.jp Tél 03-5427-1769(勤務先直通)
言語 フランス語(逐次通訳あり)
主催 自然主義文学研究会
共催 (公財)日仏会館

ユダヤ人陸軍将校の冤罪事件であるドレフュス事件は、1894年から1908年までほぼ15年間にわたってフランス社会を大きく揺るがしました。その後も事件をめぐって数多くの伝説が形成されましが、そのような伝説と区別しながら、この複雑な歴史的事件の真実をどのように把握できるのでしょうか。エミール・ゾラとドレフュス事件の専門家であるアラン・パジェス氏に、研究の最前線と課題について語っていただきます。パジェス氏の主要業績は次のとおりです。Le Naturalisme (PUF, 1989, « Que sais-je ? »,邦訳:『フランス自然主義文学』足立和彦訳、白水社、2013), Émile Zola, un intellectuel dans l'affaire Dreyfus (Séguier, 1991), Émile Zola de « J’accuse » au Panthéon (Lucien Souny, 2008), Zola et le groupe de Médan. Histoire d’un cercle littéraire (Perrin, 2014), Le Paris d’Émile Zola (Éditions Alexandrines, 2016)

 

 

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。