講座・セミナー

トビウオと毒薬:フランス現代思想の系譜―哲学者ベルナール・スティグレールの仕事を手がかりに(日仏会館教養講座)オンライン

【講師】石田英敬(東京大学名誉教授)

“イベント詳細”

2021-01-27(水) 2021-02-17(水) 18:30 - 20:00
定員 30
参加費 一般6,000円、日仏会館会員・日仏会館学生オンラインメンバーシップ4,000円
言語 日本語
主催 (公財)日仏会館

※お申し込み方法についてはこちらのページをご参照ください。

チケット発売期限は2021125()12時です。また、定員に達した時点で締め切ります。 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

 

構造主義・ポスト構造主義と呼ばれ、20世紀世界の思想潮流を生みだしたフランス現代思想とは何であったのか。哲学者ベルナール・スティグレールの仕事を導きの糸として、なぜこのような知の動きが戦後フランスで生まれて世界化したのか、この思想系譜は何を教えているのか。現代世界を問うための知の条件を考えます。

 

 

 

(4回連続講座)

① 1月27日(水)

② 2月 3日(水)

③ 2月10日(水)

④ 2月17日(水)

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。