シンポジウム・デバ

明治維新を考える―明治維新とフランス革命(日仏春秋講座)

報告者 三谷 博(跡見学園女子大学、東京大学名誉教授)、渡辺 浩(日本学士院、東京大学名誉教授)、ピエール・セルナ(パリ第1パンテオン・ソルボンヌ大学、フランス革命史研究所)、ピエール・スイリ(ジュネーヴ大学名誉教授) 司会 福井憲彦(学習院大学名誉教授、日仏会館理事長)

“イベント詳細”

2018-06-30(土) 13:30 - 17:30
会場
日仏会館ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 渋谷区, 東京都 150-0013 Japan
日仏会館ホール
定員 130
参加費 無料
事前登録
言語 日本語、フランス語(同時通訳あり)
共催 (公財)日仏会館、日仏会館・フランス国立日本研究所
協力 在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本
このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

<参加登録は5月17日(木)より開始いたします>

 

今年は明治維新150周年にあたります。かつてはフランス革命をモデルに明治維新を不徹底なブルジョア市民革命と見る解釈が支配的でした。しかし共和制か立憲君主制かの違いはあれ、両革命は近代国民国家建設の出発点になりました。世界史のなかで明治維新を考える『維新史再考』の著者・三谷博氏を中心に、日仏の歴史家が比較しがたいものの比較を試みます。

 

 

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。