シンポジウム・デバ

レオナルド・ダ・ヴィンチとマキアヴェリ ルネッサンスの二人の天才が「君主」の宮殿で出会う時(日仏春秋講座講演会)

【講師】パトリック・ブシュロン(コレージュ・ド・フランス教授)
【司会】福井憲彦(日仏会館理事長)

“イベント詳細”

2019-10-23(水) 18:30 - 20:30 参加登録
会場
日仏会館ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 渋谷区, 東京都 150-0013 Japan
日仏会館ホール
定員 130
参加費 一般 1,000円、学生 500円、日仏会館会員 無料
言語 フランス語、日本語(同時通訳あり)
主催 (公財)日仏会館
協力 日仏会館・フランス国立日本研究所
50

 

「モナリザ」の芸術家と「君主論」の政治思想家は年の差こそあれ16世紀はじめの戦乱の北イタリアに生きた同時代人ですが、二人の出会いを物語る史料は残されていません。ルネッサンス期のイタリア都市を専門とする歴史家が、1502年6月ウルビノのチェーザレ・ボルジアの宮殿で出会った二人の天才の隠された影響関係を明らかにします。『レオナルドとマキアヴェリ』(Verdier, 2008)は実証性を無視して想像力で書かれたフィクションではない、しかし歴史と文学の境界線を探る試みだというブシュロン教授の来日第一講演です。

 

 

パトリック・ブシュロン:1965年生まれの歴史家、2015-16年よりコレージュ・ド・フランス教授、「13〜16世紀の西ヨーロッパにおける権力の歴史」講座担当。著書多数なるも邦訳はまだない。2019年度日仏会館春秋講座の招聘講師として初来日。

 

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。